遠藤海事事務所  endo marine affairs office 

                     お問い合わせ・お申込みは/ TEL 022−362−3616


TOP

お知らせ

事務所紹介

海事代理士業務・委任状

船舶免許の取得

小型船舶操縦免許制度の改正

船舶免許の更新・失効再交付
 
免許の紛失・訂正

講習会日程

講習会開催会場

講習会受講のお申し込み

Q&A

リンク

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問い合わせ

船舶免許の取得          

ここでは、小型船舶操縦士の取得方法について記載しております。


小型船舶の範囲

・総トン数20トン未満の船舶
・総トン数20トン以上であっても、一人で操縦可能な構造などの一定の船舶

(※一定の船舶とは、総トン数20トン以上で、船の長さが24メートル未満のスポーツ又はレクリエーションの用のみに供される船舶(個人・法人が所有するプレジャーボートのことで業務用でないもの)

船舶検査が不要なボート

長さ3メートル未満で、推進機関の出力が1.5キロワット(2馬力)未満のもの

免許が不要なボート

・手漕ぎボート、ディンギー等で船外機やエンジンのない船舶

・船の長さが3メートル未満で、推進機関の出力が1.5キロワット(2馬力)未満のもので、プロペラに
 よる人の身体の障害を防止する構造を有するもの

小型船舶操縦免許取得方法

小型船舶操縦免許は国家試験に合格するか、登録教習所にて講習を受講し、修了試験に合格すれば取得する事が出来ます。
なお、何の船舶免許を持たなくても、最初から1級・2級・特殊免許を取得する事が出来ます。
どのように取得するかは、ご本人の選択次第です。
確実に取得したい場合は登録小型船舶教習所(国家試験免除)、少しでも安く取得したい場合は国家試験を受験する方法での取得になります。
詳しくは下記をご覧下さい。

@国家試験を受験する場合

(一財)海洋レジャー安全・振興協会が実施している小型船舶操縦試験(国家試験)を受験し、
合格すると合格証明書が発行されます。試験は全国各地で随時開催されており、合格後は合格証明書を添付の上、
国土交通省に免許申請を経て小型船舶操縦免許証の取得となります。

 
(1)独学で勉強して受験する場合

書店で販売されている参考書などで勉強する→受験申請をする→国家試験を受験する→合格発表→免許申請→免許取得

国家試験には実技試験があるので、独学では難しいです。筆記試験については参考書
があるので勉強できますが、実技試験については実際に操船してみる必要があるから
です。

全て自分で行うので安く取得出来る反面、不合格になる可能性があります。
不合格の際は再受験となりますが、その度に受験料が掛かります。

(2)ボート免許スクールで教習を受けてから受験する場合

ボート免許スクールに申し込む→教習を受講する→受験申請→国家試験を受験する→合格発表→免許申請→免許取得


筆記・実技共に教習を受けてから受験するので、独学で勉強するより合格率が高いです。
ただし教習を受けてからの受験になりますので、ある程度日数が掛かるのと、国家試験を受験するのに変わりありませんので、不合格になる可能性があります。
登録小型船舶教習所(国家試験免除)で取得するよりやや安く取得できますが、不合格の際は再受験となり、その度に受験料が掛かります。


     
A登録小型船舶教習所(国家試験免除)の免許講習会を受講する場合

必要な日程のカリキュラムを受講し、審査(修了試験)に合格すれば、
国土交通省への免許申請を経て、小型船舶操縦免許証の取得となります。



免許講習会の受講申し込みをする→講習会を受講する→審査(修了試験)を受ける→合格発表→免許申請→免許取得


登録小型船舶教習所は全国各地にありますが、東北地方では東北六県対応の(株)日本船舶職員養成協会東北(JEIS東北)が実施しております。
国家試験を受験するよりやや高い受講料になりますが、国家試験免除なので短期間に、確実に取得する事が出来ます。



小型船舶操縦免許の資格区分(平成16年11月から適用)

1級小型船舶操縦士(外洋免許)、2級小型船舶操縦士(沿岸免許)、特殊小型船舶操縦士(水上オートバイ用免許)の3区分です。

免許の種類 操縦できる範囲
(区域)
操縦できる範囲
(大きさ)
取得可能
年齢
1級
全ての水域(※1)
20トン未満又は
24m未満(※2)
18歳
2級
平水区域(※3)
陸岸から5海里以内
20トン未満又は
24m未満(※2)
16歳
2級(※4)
(1海里限定)

陸岸から1海里以内
20トン未満又は
24m未満(※2)
16歳
2級(※5)
(若年者限定)

平水区域(※3)
陸岸から5海里以内
5トン未満 16歳
2級
(湖川小出力限
定)

川・湖
指定された一部の水域
5トン未満
機関出力15kw未満
(20馬力以下)
16歳
特殊
陸岸から2海里以内
水上オートバイ専用 16歳

(※1)ただしヨット以外で陸岸から100海里を超える区域を航行する場合は、
            6級海技士(機関)以上の資格を持った機関長を乗り組ませること

(※2)用途がスポーツやレクリエーションに限られるなどの一定の基準を満たすこと。
            漁船などの業務船は除く。(スポーツ又はレクレーションにのみ用いられるとは、
            個人・法人が所有するプレジャーボートのことです。)

(※3)湖・川及び港内の他、東京湾・大阪湾などの指定された水域

(※4)旧5級資格。経過措置により残っているだけで、現資格にはありません。

(※5)16歳以上18歳未満の方には18歳の誕生日の前日まで若年者限定として5トン限定が付されます。
   
@免許申請時に18歳未満の方は、操縦免許証に18歳の誕生日の前日までに限り、若年者限定の表示が付きます。  

A平成16年10月31日までの間に二級資格を取得した16歳以上18歳未満の方の場合、
  若年者限定が付された免許を受有している者と見なされます。

B若年者限定が付いている方が18歳に達した場合、18歳の誕生日以降次回の更新や訂正などがあるまでは、
  限定のない操縦免許証としてそのまま使用できます。


一級小型船舶操縦免許取得講習会について

旧4級小型船舶操縦免許または新2級小型船舶操縦免許をお持ちの方が、1級小型船舶操縦免許を取得する為の講習会を開催しております。
詳細はこちらをご覧下さい→プロモーション情報のページ


Q&A

(Q1)初めて取得したいと思いますが、何の免許を取ればいいのか分かりません。

簡単に言えば、
@水上オートバイだけ乗りたい(特殊)
A小型船だけに乗りたい(1級又は2級) 
B水上オートバイにも小型船にも乗りたい(特殊+1級または2級)のいずれかになります。

Bが希望だけど、今は時間がないから、最初に@だけ取得し、後日Aを取得するということもできます。
なお、何の船舶免許を持たなくても、最初から1級・2級・特殊を取得する事が出来ます。



(Q2)水上オートバイだけ乗りたいと思います。何を取得すれば良いですか。

特殊船舶操縦免許を取得すれば乗れます。取得可能年齢は16歳です。



(Q3)5トン程度の小型船舶に乗りたいと思います。何を取得すれば良いですか。

陸岸から9キロ以内で乗る方は2級小型、それ以上の航行区域で乗りたい方は1級小型をお勧めします。
現在は1級・2級とも20トン未満の船舶を操縦できるからです。1級と2級の違いは、航行区域です。
休みが取れない等の時間に余裕の無い方は2級小型をまず取得し、後日ステップアップ(プロモーションコース)で1級を取るという方法もあります。



(Q4)水上オートバイにも小型船にも乗りたいです。何を取得すれば良いですか。

特殊と1級又は2級の二つの免許を取得することになります。同時に取得した方が安くなります。
休みが取れない等の時間に余裕の無い方はどちらかの免許をまず取得し、後日もう一つの免許を取るという方法もあります。



(Q5)2級免許を取得しようと思っています。この資格で水上オートバイの運転も出来ますか?

特殊小型船舶操縦免許の資格を取得しなければ、水上オートバイは操縦出来ません。



(Q6)特殊免許を先に取得して、後日1級又は2級免許を取得した場合の免許証有効期限は?

後日取得した1級または2級免許交付日から5年間有効の免許証が新たに作成されます。
1級または2級免許を先に取得し、特殊免許を後日取得した場合も同様です。
最後に取得した免許が起点になります。




(Q7)免許証の有効期限は?

5年間です。船舶免許証に記載されます。なお、船舶免許は5年ごとの更新手続きが必要になり、有効期限が切れる1年前から更新手続きが出来ます。
詳しくは船舶免許の更新についてをご覧下さい。


その他

※教習所を修了した方に対する学科試験等が免除されます。
 
 登録小型船舶教習所の課程を修了された方は平成18年4月以降、履修科目の修得に応じ、学科
 試験又は実技試験のいずれかが免除されるようになりました。これにより自分の得意な科目は国家試験
 を受験し、苦手な科目は小型船舶登録教習所で履修することが出来ます。

※船舶に関する用語、疑問点などは、Q&Aのページをご覧下さい。